軌道工事とは、線路や分岐器(ポイント)の交換や保守、メンテナンスの工事です。毎日の安全・安定運行や乗り心地の確保に必要な非常に重要なもので、今日も先中軌道はどこかの線路で懸命に作業を行っております。

レール交換

レール交換は、線路の検査結果で摩耗や傷があった場合や通過列車の重量や本数によって定期・不定期に行います。基本的に終電から始発までの間に行うことが多い作業です。かつてはレールを持ち上げて行う非常に負担の大きい作業でしたが、最近では重機やレール交換機が導入され省力化が進んでいます。(写真はレール交換機を使用した「機械交換」作業)

分岐器(ポイント)交換

分岐器交換はその名の通り線路を分岐させる「分岐器(ポイント)」の交換作業です。経年劣化や分岐させる場所(配線)の変更などによって分岐器交換が行われます。非常に重い装置の交換になりますので高度な現場管理や、正確な重機のオペレーションが求められます。こちらも終電から始発までの夜間に行われることが多い工事です。

マクラギ(枕木)交換

経年劣化で性能が低下した枕木を新しいものと交換する作業です。枕木という名の通り木製のものを想像する方も多いと思いますが、コンクリート製やガラス繊維などでできた枕木などもあります。最近では特に木製でないものが増えてきており、実情に合わせて表記も「枕木」から「まくらぎ」「マクラギ」に置き換えられてきています。木製の枕木は劣化しやすく、これによる事故が増加した背景もあり、より耐久性が高いコンクリート製枕木への取り換えが国土交通省から各鉄道会社へ通知されています。

バラスト交換

バラストとは線路や枕木の下に敷いてある砂利のことです。バラストは、レール・枕木を介して地面に伝わる列車の荷重を分散する機能があり、列車の揺れや、枕木の移動を防ぎます。また、雨水が排水されやすく雑草が生えにくくなるメリットがあります。バラストも長年使用すると電車の重さによって削れたり割れたりして路盤に沈んでいきます。こうなると土砂と混じって排水が悪くなったり、固まってしまうと重さを分散する能力が低下するため、定期的にふるい分けや交換の作業が必要になります。